審判団のユニフォームを実際のものに!レフキットサーバーの導入方法

RefKitServer

今回はレフェリーに大会ごとの制服を着せる「レフェリーMOD」について解説します。
導入すると以下のように細かいですが、ややリアル感が増します(笑)。

では、本題に入ります。

特徴

  • 両方のチームが同じリーグに属している場合、リーグのレフリーキットの自動選択してくれる。

※ローカルマッチなどではリーグの服が優先されます。
※エディットモードでチームが異なるリーグに移動された場合は正確ではない可能性があります。

インストール方法

事前準備

こちらの記事の手順を済ませていることが前提となります。
DL先のサイトの会員登録→こちら
必須ツール「Sider」の導入→こちら
必須MOD「CommonLib」の導入→こちら

ダウンロード

RefKit Server
https://evo-web.co.uk/threads/sider-module-update-refkit-server-vol-6-5-updated-24-01-2021.84170/

手順

1.古いバージョンのレフキットサーバーがインストールされている場合は、削除してください。
2.「content 」「 modules」「livecpk」フォルダーを「Sider」フォルダーにコピーします。
3.「Sider」フォルダ内のSider.iniのcpk.root欄、lua.module欄に以下を記述します。

cpk.root = ".\livecpk\RefColor"
lua.module = "RefKitServer.lua" 

※commonMODの"CommonLib"文よりに記述してください。

操作方法

スペースを押します。英語がぶわぁって出てくると思うので、
1」で左「」で右 スクロールして、
RefKitServerの設定画面にします。

割り当てファイル.txtの再読み込み
9手動選択モード
PageUp / PageDown服の手動切り替え
7お気に入り登録(1つのみ)
8お気に入りを呼び出す

これで完了です。

お疲れ様でした!

Credits:
@zlac for the original script / for helping me put this together & for the script update. I 100% could not have done this without him, thanks mate 
@MJTS-140914 for fixing Collar 01 fmdl (Thank you my friend)
@juce and @nesa
24 for sider
@shawminator for CGPE & help with collar models
@Cesc Fabregas for beta testing
@Hawke for the edited script & referee kits​

コメントを残す

CAPTCHA